スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナンバー制度 心の準備

Newsレビュー
08 /02 2015
ネットで検索すると「政府広報サイト」で情報提供されているが10月には通知が届き、
2016年1月からスタートする制度なので心の準備をしておきたい。

主旨としては社会保障、税、災害対策の分野で個人情報(住民票、健康保険、年金等)を
一元管理し行政の効率化、国民の利便、公正な社会の実現を試みるものである。

なんにおいても裏表、長短、良し悪しがあるので心の準備に於いては、そこに言及しないし
「住基ネットどしたの?何?」にも触れない。

10月には簡易書留「通知カード」が送られてくる。それは紙製で基本4情報(住所、氏名、
生年月日、性別)+12桁の個人番号が記載されている。

2016年1月から個人番号の利用が始まる。それに伴って市町村に写真を貼って個人番号
を記載した申請書送ると、何日かすると「個人番号カードが出来ましたので受取りにきて。」
と連絡がある。住民基本台帳カードに写真がプリントされているようなモノを想像してしまう
のだが兎に角、公的身分証明書にもなるしe-TAXや自治体のサービスが利用できる「個人
番号カード」
を受取ことが出来る。

これは任意だ。

国会

2017年1月からは国の機関連携開始となり、また情報提供等記録開示システム(マイナ
ポータル
)が稼働する予定だ。接続すれば個人情報のやりとりの確認、税金や保険料の
納付状況も確認できるようになる。

税務当局に提出する書類の必要性から今後、勤務する会社や口座、契約のある証券会社
や保険会社、金融機関から個人番号の提出を求められる事になる。

社会保障分野では国民年金、雇用保険の資格取得や確認、給付その他、ハローワークの
事務、労災保険、医療保険、介護保険、生活保護やら児童扶養手当、特別児童扶養手当、
高等学校等就学支援金、日本学生援助機構の奨学金等申請に利用する。

災害対策分野では災害時の被災者台帳の作成や支援金の支給などに利用する事になる。

将来的には預金口座へのマイナンバー付番や医療分野への拡大、さらには戸籍、旅券、
自動車の登録、民間の利用と拡大されていく予定だ。

未来はマイナンバーで個人の基本情報から地縁、血縁、学歴、経歴、資産背景、病歴まで
管理するようになるのか?

海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Marcle Seagull

I'm Marcle. I challenge various things without a break. These are reports of the daily life including study, business and hobby.
In April, 2016. Entering a university I'm a sophomore now.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。