スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 カズオ・イシグロ  『日の名残り』    日本人執事・スティーヴンス

book レビュー
11 /04 2016
この作品がブッカ-賞に選ばれたのは1989年、平成元年。自分の非英語的な名前が注意を惹き一役買ったと本人も言っているようだけど、そもそも日本からの移民カズオ・イシグロはこの作品より前に日本を舞台にした作品を二作発表している。
『国境のない世界:カズオ・イシグロ』平井杏子著によれば、あるインタビューで「相変わらず批評家は、私の表現の中に<日本らしさ>を見つけたがるでしょうが・・」と半ばジョーク混じりに述べていたようだ。また別のインタビューでも、設定を完全にイギリスに置いた『日の名残り』について、「何人かの批評家はわたしのスタイルが非常に日本的だと言っています。そしてこういうことを言う批評家は大抵日本文学をほとんど知らない人たちなのです!」と、辛辣なコメントをしたとあった。他にも≪「イシグロは先のふたつの作品が、日本人という固定観念をもってみられたことから、どうしても逃れたかったのだ」と、ルイスが指摘するように、三作目の『日の名残り』では、日本との文学上の臍帯を断ち切ろうとして、舞台を日本からイギリスに移したのだと考える読者も多いことだろう。と言っている。また更にルイスは、キャロライン・パッツィが著者イシグロと『日の名残り』の作中人物スティーヴンスについて、「英国人よりも、ずっとイギリス人らしい、日本人作家」、「どんな英国人執事よりも、ずっとイギリス人的な執事である、イギリス人執事」と遊び心あふれるネーミングをしたことを援用しつつ、「というわけで、イシグロは大変がっかりするだろうが、ステレオタイプ化を避けようとする彼の試みは、そのまま、さっそくステレオタイプ化されたのだ」≫と語ったと紹介している。
そう言われてしまったら敢えてオブセッションだのステレオタイプだの言われるところにフォーカスするのもナンだけど、でもやっぱりスティーヴンスの日本人的職人気質、あるいはスティーヴンス家(父親も含む)にみる忠義、ダーリントン卿への忠誠って、そもそも今は昔だけど、日本人の奥底にあった特有のSpirt、Soulじゃないの。
カズオ・イシグロが5歳でイギリスに渡ったとしても、そんな魂みたいなものを日本人の親から感じ取った、あるいは自分のルーツを探るうちに触れて、馴染んだとも推測できなくもない。
Steven‘s position=Ishiguro’s position ってあり得るでしょう。
日の名残り

 場所はイギリス。田舎の田園風景が目前に広がり、見渡せばその向こうの活きた街並みには大聖堂や教会の尖塔も見え隠れする。しかし一度だってスティーヴンスは神様に祈りを捧げたりしない。胸に十字をきることもなければ悔い改めることもない。傲慢な人物ではないが、そういうものだろうか。見えてくるのは神にではなく主人に対する忠誠と執事としての品格を保つプライドだけであり、日常何処にも宗教色を感じさせない無宗教で職人気質のこてこての日本人。
 スティーヴンスがダーリントン卿の下、勤めてきたダーリントン・ホールがアメリカ人の新しい所有者であるファラディ氏の手に渡る時、求められたにもかかわらず職に留まったのはスティーヴンスと他もう一人だけで、最初のところから義理人情に篤いスティーヴンスが見えてくる。以前は28人でやっていたホールを4人で切り回すことになった時、「従来のやり方を急に変えてしまうことにはためらいをおぼえます。しかし、一部にみられるような、伝統にしがみつくやり方にも反対です。」と曰くが、それはけして革新的な言葉でも前向きな気持ちなどでもなく、ただ盲従してしまう自分を納得させる言い訳のようなセリフに過ぎない。現状や義理人情に囚われて身動きしない日本人によく見られる様式。
そして、如何にホールを上手くやりくりするかを考える中に浮かんだ苦肉の策は、すでに年老いて力なくしぼんだスティーヴンスに、かって共に一体感を持ってダーリントン・ホールを切盛りしたミス・ケントンと会う勇気と口実を与えた逃げ口上。彼女に会いに行く道さながら、過ぎた己の誉れ高い執事人生を回想して、最後には自分が如何に厳しい試練に耐え「地位にふさわしい品格」を保ちつづけたことが虚無であり、また別な人生があったことを知りながら冒険せず流された人生であった事に気づき嗚咽する物語。
 スティーヴンスの父親も執事であり、彼のことをスティーヴンスは敬い「自らの地位にふさわしい品格」を備えていることを自他に認めさせるエピソードをいくつかあげている。その中に息子であるスティーヴンスの兄の戦死が父親にとって大きな打撃であった事、しかもそれが全く人間的にもくだらなく無責任な指揮官による悪名高い作戦での犬死であることが明らかで、そのことに計り知れない怒りを感じていたことが書かれている。そしてある時、スティーヴンス・シニアが執事として仕えるシルバース氏のパーティーに最大級の憎しみを抱いている当の指揮官が招かれ父親が直接給仕することになるという出来事。父親は憎しみの真情を隠し、まるまる4日間、平身、与えられた己の使命に従属し高い評価を得るほどの仕事をし、稀にない高額のチップを払わしめるがそんなものは受け取らない心意気。全額を慈善事業に寄付してもらうよう計う。自らが仕える主人のために、与えられた使命のために私情は一切排除する。忠義、忠誠心。
またスティーヴンス自身も父親の臨終の際、ホールで行われていた会議の重要性から執事としての使命を優先し臨終に立ち会わないことも止む無し、と受け止め任務を遂行したことを辛かったが正しく当たり前のことと回想している。
これは二人の我が子が国のために戦死して、なお自らも尽くした後、亡き主、明治天皇の後を追い殉死をとげた日本人、乃木大将とオーバーラップする。
金子清桂氏は『カズオ・イシグロ『日の名残り』における記憶について』の論文中、渡英後のイシグロが日本映画を見たり、幼い時期に日本を離れていながら心の中に「日本」を思い描き続けてきたということからも、イギリス以外のルーツがイシグロの中に存在していることが想像できるだろう。と述べている。1980年の映画『二百三高地』をイシグロが見て少なからず影響を受けたり自分の奥底にあるものを意識したとも考えられる。
ダーリントン卿が大衆に正しい人として評価され亡くなったのであれば、おそらくスティーヴンスも後を追うだろう。しかし、そうではなく悪評を残すこととなったダーリントン卿を追うことはできなかった。そうは言っても判断のすべてをダーリントン卿に委ねていた執事スティーヴンスは主人の死を境に、生きながらにしてすでに死んだのかも知れない。スティーヴンスはもう自分の感情を押しつぶさなければならない必要はなく、「自らの地位にふさわしい品格」を意識し保つ必要もなくなったのではないか。イギリスにおいて執事という仕事が姿を消しつつあるように、時の流れとともに価値観や人や景色が変貌するなかで。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Marcle Seagull

I'm Marcle. I challenge various things without a break. These are reports of the daily life including study, business and hobby.
In April, 2016. Entering a university I'm a sophomore now.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。